2010年02月09日

す スクール水着

「スクール水着」

意味 
スクール水着(スクールみずぎ)とは、日本小学校から高等学校までの体育教育における水泳用に使われている水泳着(水着を指す俗称である。略称では「スク水」(スクみず)と呼ばれる。

最近どうも自分の性癖ばかりを述べているようで申し訳ないが、

今回「す」というタイトルの文字を考えた挙句に最終選考に残った単語が、、、

「スカートめくり」「すもう」「スクール水着」だった。

スカートめくりに関しては山のように思いつくのだが、

どうも恥部過ぎる思い出ばかりで遠慮した次第です。

本題「スクール水着」

高校生の授業とはいえ、女子の身体のラインのばっちり分かる水着姿を見るのは

多感な高校男子には非常に残酷な時間だった。

「見てはいけない」

と思いつつも、気付くと胸とかに目が行く自分に腹が立ち

「だめだ、見るな!見るな、あー見そうになってる」

「多感な高校男子には刺激が強すぎる!」

「見るなという方が無理だ!」

などと理性と欲望の天使と悪魔の言い争いが始まっている次第。

別にムラムラしたとかそういう事でなく

例えば、ミニスカートの女の子が階段を上っていくのを

下から上っている自分が、見たいわけではないのに

チラチラと目が行きそうになる、あの瞬間と同じ現象だ

これもまた共感を得ないかもしれないが、きっと男性諸君には理解してもらえると思い

書いている

改めて断言しよう、私は変態ではございません!

申し訳ない、・・・・つい熱くなってしまった。。。


余談ではあるが、水泳の授業の後の女子の匂い、いや教室じゅうに漂う淡い匂い。

今となっては

「は?制汗スプレーじゃん」

とクールに決める事も容易なのだが、

当時の僕は




「天国のにおい」



と呼んでいた。


posted by arikadon at 02:19| Comment(0) | 有門正太郎大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。