2010年02月02日

き 黄色

「黄色」

黄色はスケープゴートになり易く、また裏切り者の色なのだそうだ、詳しくはここをクリック。

調べてみるとあまりいい意味を待たない黄色。

好きな色は?と問われたら

「きいろ」

と答える自分。

そもそも大学まではこれと言って好きな色は特定出来なかった。

黄色が好きになった原因があるのだ。

腕時計をもらったことがある、黄色のGショック。

始めは「黄色って!」と思ったのだがコレが周りに評判がいいのだ。

「黄色似合うよねー」だとか

「黄色ってイメージだよねー」などと

今気付くと周りから半ば洗脳に近い状態で黄色好きになっていた。

黄色を好んで選ぶようになってたし、

黄色の中でもこの黄色よりもこっちの黄色が好き、などと黄色の中でも自分の黄色を求めていってた始末。

実際にマウスも黄色だし、スケジュール帳や靴や服にも黄色が多い。

それが嫌でもなかったし、むしろ自分カラーな感じでいた。

だが、今回調べてみればみるほど黄色の奥に隠された意味が、黄色が似合うと言われた理由のようにも思え複雑になっている。

正直、ちょっと嫌いになってしまった。

これはかなりの出来事だ。脳内クーデターだ。

あんなにこだわりがあったのに、

やばい、

どんどん嫌いになっていく。



結局は人から言われ好きになって、調べて勝手に嫌いになっている、

この自分の無さがもはや嫌いだ。

だが、胸を張って

「俺、黄色大好き!」

とは、もう言えない



あんなに好きだったのに、


失恋したような気がした・・・・勝手に




・・・・きいろ


さようなら・・・・君が悪いんじゃない


悪いのは全部僕なんだ。

posted by arikadon at 23:07| Comment(2) | 有門正太郎大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
黄色は親近感の色だよ。
初対面の人と会う時は黄色い服を
チョイスすると良いらしい。

ちなみに私が唯一持っている黄色のTシャツには
「ブッコロス」って書いてあるんだけど。
Posted by fujico at 2010年02月04日 02:14
なるほど、親近感。考えてみよう。
しかし
落ちまで付いている高度なコメントがうらやましい。
Posted by 有門 正太郎 at 2010年02月05日 02:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: