2013年10月26日

第二十八回公文連、平成二十五年度福岡県高校総合文化祭福岡県高校演劇大会

の審査員を明日までしてます。
北九州地区大会審査員、15本の作品を見ます。
演劇を審査します。

こんな若輩者が。

ほぼ毎年この機会を与えてもらい、

毎年同じ事を思うのです。

演劇の審査とはなんぞや

こんな私に何が出来るのか

兎にも角にも

今の高校生を

見届けて見よう。

posted by arikadon at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。