2017年12月11日

楽になる事と楽をする事は

南河内万歳一座:「びっくり仰天街」来月7〜12日・大阪で上演 - 毎日新聞
絶賛大阪公演中ですが、久方ぶりにブログを立ち上げこの期間にあった事や無かったことに想いを巡らせながら自分自身を再確認する日々を少し書きたくなったので書いています。まあ日記を書いてるような気分なのですたぶん。
去年一昨年と劇団きららに客演し、今の自分をさらけ出したり客観視しながら役とどう向き合うか割と客観的に人間臭い裸になる作業をストイックに過ごしてたような気がしてる。

今、南河内万歳一座の客演を通して新しい俳優と一緒に創っていく事や共演者の大学生らと共に作品の可能性を探る作業、演出家の信じている演劇感などを再確認してるうちに、若い頃に感銘を受けそこに素直に挑戦していた自分を思い出しながら本番中のいま、いい意味でも悪い意味でも本番に取り組む自分に色々と苦しめられている気がしている。
理性で物語やセリフを整理している自分でいる事は凄く楽で居心地がよい、一方終始演出から言われる、体験と現象を楽しむ、セリフは身体が教えてくれるという事を即興的にやる事も楽しいし好きな事だ。
が、即興的になればなる程に目的が薄れ、理性を失って今しか見えなくなってくる瞬間が時々突然やってくる。本番中にだ。一旦そうなると途端に臆病な自分がムクムク起き出し理性野郎が支配してつまらない時間がやってくる。その戦いの毎日。
新しい可能性を実験する事に楽しさを覚えたからこそ客観性を欠いてる自分がいる事は多分に分かってる、結果的に迷惑をかける自分に凹む。
ここからが問題で、でもその今を感じて今を逃したくないという自分の興味の方が強くなってしまっているというこの頃、セリフを飛ばす、そのセリフに自分の身体が伴ってないとか今までに起きなかった事例に苛まれる。
なんでそれを稽古の時にやれなかったのかを反省し、自分が嫌になる。
まあ言い訳を書いている訳で他人に読ませるものではないと書きながら感じ、書く事で自分を整理しているのだなぁと思いながら日記だから別にいいやとも思う。

なので、俳優にとってこの南河内万歳一座に参加する事は貴重な体験なんだなぁと思っている。

理性で演るのは簡単でつまらない、でもそのお約束は大前提でその中をどう即興的に生きるのか、、、、そんな事出来る気がしないわ

出来る人がホントに俳優さんなんだと思う。

改めて役者の厳しさや自分の限界を感じ、向いてないなぁと思わされる。

でも仕方ないとりあえず本番は今日もあるから

二度と俳優なんてややこしい事をやる事はないかもしれないから、諦めるためにやってやろう

飽き性なのに続けて来れたのはややこしいを発見してきたからかもしれない

この作品の後半に突きつけられる自分の存在とはって事もこの様な気分にさせられてる要因のひとつかもしれん

そんな生き恥を晒している舞台を恥ずかしいけど観に来てもらわなきゃ成立せんから見に来てください。

少し読んでる人目線になれた気がした。

宣伝の為に書いてる訳でもないが、どうせなら宣伝になるのなら宣伝でも何でもしてやろう

はあ、本番が嫌だし楽しい


南河内万歳一座次回公演「びっくり仰天街」

ご予約承り中
ここへの書き込みでも、メッセージでも承りマッ

作・演出 内藤裕敬
出演
河野洋一郎 鴨鈴女 木村基秀 福重友 皆川あゆみ 鈴村貴彦 松浦絵里 市橋若奈 寒川晃 内藤裕敬(以上 南河内万歳一座)
有門正太郎(飛ぶ劇場) ことえ(空間悠々劇的) 池田愛美(吉田商店) 木下健(短冊ストライプ) 樋口弘紀 丸山文弥

大阪公演 一心寺シアター倶楽
12/7㈭ 19:30
12/8㈮ 14:00、19:30
12/9㈯ 13:00
12/10㈰ 14:00
12/11㈪ 19:30
12/12㈫ 19:30

北九州公演 北九州芸術劇場 小劇場
12/16㈯ 18:00
12/17㈰ 14:00

東京公演 ザ・スズナリ
2018年
1/17㈬ 19:30
1/18㈭ 14:00(500円オフ!!)、19:30
1/19㈮ 19:30
1/20㈯ 14:00、18:00
1/21㈰ 14:00

料金
大阪・東京
一般前売 3500円
学生・シニア(65歳以上) 3000円
青春18歳差切符 5500円

北九州
一般前売 3000円
学生・シニア(65歳以上) 2800円
青春18歳差切符 5500円

当日券は各券種とも500円up
受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前です



posted by arikadon at 11:49| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

俳優向けワークショップやりますし。

かねてよりご要望の多かった、 
俳優向けワークショップを開催することに相成りました。

募集枠にもう少し余裕がありますので、こちらでもお知らせする事にしました。

年齢は問いません、興味ある方は是非。


[講師] 
有門正太郎  (飛ぶ劇場、有門正太郎プレゼンツ)

[概要]   
初級から中級レベルのテキストを用いた講座です。
オーディションで見られる物は何か、といった内容にも踏み込んで行います。


皆さんどうも、有門正太郎です。
僕は有門正太郎プレゼンツというカンパニーの主宰もしておりまして、そこでは主にコントを中心にオムニバス作品を多くやっております。

今回のワークショップは2本柱です。

一つ目は公演で用いた台本で稽古してみる。
短編戯曲は俳優の基礎訓練に向いており、それをテキストに用いながら、普段稽古でやってる作業を俳優ワークショップで行おうと思います。 
有門正太郎プレゼンツを体験してしょう。


そしてもう一つの柱、オーディションで自分の実力を発揮するにはどうすればいいか?
という視点でもワークショップを構成してみました。

[日時] 
 2016年6月10日(金) 
18:30受付開始、19:00スタート

[場所] 生涯学習総合センター(小倉生涯) 21学習室

[参加費] 1000円 、高校生以下500円

[お問い合わせ] 080-3768-7257(エジリ)

posted by arikadon at 01:56| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

3月は去る、去りすぎ

気が付けばもう3月も10日だ、
あまり今年の細かな記憶がない
記憶というか次から次と来た球を打つ状態が続くと振り返る事を忘れてしまう。

こんな生活も終わりが見えてきた。

12月頭から北海道富良野へ入り、1月初旬から始まった「屋根」ツアーも残すところ9公演。

4月からの現実の荒波がそこまで迫ってきており、さあてオモロイ人生になってきたなぁと客観的に楽しんだり、急に息苦しくなったり、まあまあ人生を謳歌しております。

少しだけ最近の振り返り

ホリ幕が曲ってて、困ります。
DA3727C4-F62A-44B2-98F6-232E7440EC41.jpg




搬入、搬出はこの大ぜりのみ、これ舞台の真ん中です。
547A43D0-6E5F-4F81-AF50-72E54D3208BD.jpg



去年の夏に公演した
12人の怒れる男
の怒れる4人です。

C4C7A399-D427-447A-B1FC-6012C89A0DEE.jpg




同期と下の期とパチリ
在塾中一年一緒に生活しました。
同期とは2年

BE730883-69E6-43D4-B63F-7F9ABDDFE73E.jpg





津山公演でのホテルにこれがありました。
乗りました。電気自動車です、ゴーカートです、説明でブレーキの効きが悪いですと言われました。ゴーカートです、確かにと思いました。

E85F0D22-4C4C-4A76-856E-1AF3D9771099.jpg





これが、12キロの鎭(しず)です、重りです。

AA24A88E-CC45-46D2-BFD5-A553F7EAD4E4.jpg
そしてこれが24キロ鎭です

この二種類で頑張りました。
2CC17519-78C9-4774-9908-407A2C5BE9A7.jpg


そして


今日もバスは行く


大阪へ


GOGO‼️3D6980BE-EB85-4661-A515-CB0C86323E01.jpg


前方に1台目も見えますね




posted by arikadon at 10:53| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

2月は逃げるように時間が過ぎてしまいますね。

このお芝居もようやく3分の1が終わろうとしている。
12月初旬から寝食を共に合宿して2ヶ月ちょっと。
まあ、共同生活が苦手な方は中々に厳しい環境で稽古、本番と過ごしてきております。

各会場では、懐かしい先輩、後輩、はたまたまさかの再会と出逢いの多いツアーで、各地の劇場を見て回れるのも楽しみのひとつです。

そして、今、
京都公演を終えて、広島へ移動しております。

広島、高知、種子島、そして23日にはいよいよ北九州市と地元に帰って公演です。

あ、折角なので色んな写真アップしてみます。

ではまた。

50D9E9F8-6D40-43C4-9956-5CF96F96FF58.jpgBFB0E3C8-FCCE-42C8-9229-E4563E356C2B.jpg08B18655-5B78-4938-B9A3-2CEE6EF8B78E.jpg134F991A-0CCE-4AAA-945B-0D7259570D76.jpg46CFD276-EAC7-42DE-AA69-633C25610A71.jpg
posted by arikadon at 07:11| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

富良野Group 2016冬 屋根 全国ツアーが始まりました

こうして、ブログを書くのは本当にお久しぶりで、忘れていたというよりも、久しぶりに祖母の家に帰って来たような感覚です。

普段はFacebookやら、twitterやらで書き込みをしているので、情報をきちんと流せてると思ってたんだけども、twitter、Facebookはやはり若者のツールであり、今回参加している作品は
若者はもちろんだが、世代的に団塊の世代などにピッタリな作品なのだろうということで、
慣れないインターネットでパチリパチリと検索しても直ぐにたどり着くように、このブログから記事を書いております。

3年ぶりとなる、古巣の富良野塾、現富良野Groupですが、今回の作品で演出が最後と言ってる倉本聰塾長と共に全国行脚が始まりました。

12月初旬から始まった稽古からあっという間に
富良野公演を終え、北海道釧路公演を終え
現在次の会場帯広へ向かっているバスの中であります。

今回も例に漏れず沢山の貴重な経験をしております。

まずは、野生の鹿を解体しました。
まさに、鹿解体ショー
もちろん芝居の為にですが、こんな事滅多に出来ません。

解体した鹿の内臓からは湯気が出てた
獣の匂いがした
すごく暖かかった
皮を剥ぎ取った
鹿肉が凄く美味かった


毎度の雪かきや、−20度超える生活、雪道の車の運転、吹雪、雪道の中で日課にした2時間散歩

お陰様で、現在6キロ減

なんとか戦時中の青年にビジュアル的に近づいたのではないかなぁ

大変なのは、ツアー中の体調管理

油物が多い弁当の毎日、ツアー先ではご当地の美味しいご飯も食べたい。。。


そこはストイックに攻めて行きます
「役作りの為、食べたいんですが、遠慮します」


嘘です
食べ多分以上に運動しまくります。


そんなこんなで詳しくはこちらをクリックです。
北九州には2月23日北九州芸術劇場、中劇場
19時開演でごさいます。


是非とも一度ご賞味あれ。

そして、有り難い事に私もたいへん貴重な役を頂いております。

乞うご期待。。。

そして、満席にするべく頑張ります。
皆様方にも宣伝頂けると嬉しく思います。


チケットは私にご連絡、もしくは
こちらでも購入出来ます。


以下は水津先輩が書いた
ツアースケジュールです。
こんな感じで3月末まで
屋根
してまーす。


はじまった
屋根をかついで
2ヶ月の旅
まずは北海道

1/27  釧路

   ↓

1/30  幕別

   飛
   び
   ま
   す
   ↓

2/2  仙台

   南
   下
   し
   ま
   す
   ↓

2/5 トーキョー

2/6 トーキョー

2/7 トーキョー

   西
   へ
   ↓

2/10 可児

2/11  可児

           ↑

         カニ
     と読みます

           ↑

      ちなみに
      岐阜県です

   西
   へ
   ↓

2/13 京都

2/14 京都

   ↓
 
2/16 広島じゃけ

   渡
   り
   ま
   す
   ↓

2/18 高知

   四
   国
   ↓
   本
   州
   ↓
   九
   州
   を
   経
   て
   ↓

2/21 種子島

   ↓

 2/23 北九州

              ↑
        福岡県です
              ↓
   ↓

2/25 朝倉

   ↓

2/27 日田

           ↑
     大分県ヒタ
     と読みます

   再
   び
   四
   国
   ↓

2/29 今治

           ↑
    愛媛県です
           ↓

    ↑
閏年です

   ↓

3/2 松山

   東
   へ
   ↓

3/4 名古屋

3/5 名古屋

   西
   へ
   ↓

3/7 倉敷

         ↑
  岡山県です
         ↓
   ↓

3/9 津山

   再
   び
   東
   へ
   ↓

3/12 大阪

3/13 大阪

   出
   た
   !
   の
   り
   う
   ち
   ↓

3/14 田辺

           ↑
       和歌山県

   ↓

3/16 磐田

           ↑
    静岡県から
  宮城県へ北上
           ↓

   ↓

3/18 大崎

   北
   上
   ↓

3/20 秋田 来たかさっさ

   ↓

3/22 北秋田 来いさっさ

   千
   秋
   楽
   ↓

3/24 札幌

   ↓

3/25 

   た
   だ
   い
   ま
   ァ




E555488D-C626-4EB5-AA67-A16A8344864E.jpg861C21B9-2884-481C-ADC6-F407437E403A.jpgEA17F057-C8F4-400A-BD0C-E1FBA7AFD223.jpgF20DE45B-C907-4613-B63D-51018869B5D3.jpg3DABF810-76B3-4E97-90C9-E40C6814BA4B.jpg


posted by arikadon at 10:19| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

外に出る、井の中の蛙


役所へ行きました。
たらいまわし
を初めて経験しました。
ふーん、こんな気持ちか。
メモメモ、上から目線やめろ、と(笑)。

そんな事を宮崎へ向かう高速バスで書いてます。
九州俳優の会、今年度初めての幹部会へ


アリプレとしての活動は、現在Tぶ劇場代表のTまりAつし結婚披露宴で、
プロフィール動画の編集に追われてます、映像部が。お疲れ様です。
確認やら訂正やらを繰り返すと何度も見るだけに代表見過ぎてお腹いっぱい。

これからは外に出る事を積極的にしていかないとね。


そんな感じで、夏に札幌で芝居します。

12人の1人になる事でしょう。


そんなこんなで今までにない、
刺激的な毎日を過ごしております(笑)
もちろんいい意味で。

バイなら、ナライバ

posted by arikadon at 15:55| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

ご挨拶

ごあいさつ
3月31日をもって北九州芸術劇場を退職いたしました。
7年間在籍し様々なことを学び、またより一層劇場を好きになることが出来ました。
劇場の様々な企画でご一緒したみなさまありがとうございました。
それぞれが貴重な経験で、財産です。
今後も表現者として、俳優業、ワークショップ、アウトリーチ、外部講師など精力的に活動して行きますので
どうぞよろしくお願いします。
有門正太郎プレゼンツ公演も計画中です。
今後は新たな出会いも沢山あるかと思います、どんどん活動の幅を広げてより多くの方々と笑顔になれればと思います。
末筆となりましたが、皆様のご健康とますますのご活躍をお祈り申し上げます。
                                              有門正太郎
posted by arikadon at 11:02| 福岡 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

時空の旅とか寄席とか俳優の会とか

ここ数日の濃さは今年一番の演劇熱たっぷりな空間でした。

宮崎へ時空の旅「ゴドーを待ちながら」
を観劇だけではなく、九州俳優の会として時空寄席という企画に参加して来まして、、、
簡単に言えば九州の劇作家に書いてもらった5分程の漫才を九州俳優の会メンバーが披露する。
九州あちこちにいる俳優ですから、前日に合宿場へ集合、くじ引きで相方、台本が決まりよーいどんで作りましょう。
みたいなハードな企画。

おかげで知ってるけど初共演なメンバーばかりでかなり刺激受けまくりました。

ドーパミン出まくりな前日からの、寄席も予想以上に盛り上がり、廃人のような煙みたいな状態で、2時間半のゴドー観劇!

しかも、満席により舞台一番前桟敷。

本当に早くゴドーに来て欲しかったです。

ネタバレになりますが、結局来ませんでした。

俳優の凄さをまざまざと見せつけられた作品で、ベケットの精神世界を久しぶりに堪能、しかし当分いいなといい意味で思った。

北九州も九州の演劇人が集まるような企画がもっとあってもいいのにね〜。

俳優の会をやってて良かったと思う数日でした。


九州俳優の会をこれからもよろしくお願いします。

九州俳優の会、会長 有門正太郎

posted by arikadon at 22:32| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

挑戦者を選ぶ

新年も明けまして、あっという間に2015年の始まりです。
昨年は皆様方お世話になりました。
今年も感謝と謙虚、そして挑戦の一年を送ります。

来年の今頃は何処で何をしているのか
今からワクワクしています。

皆様のご健康とお多幸を願いまして、
あ、ハッピーニューイヤー️
posted by arikadon at 04:31| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

あと一週間、出番です。

豚の角煮
いや

「豚の骨」ってタイトルなんです。

飛ぶ劇場 vol.36

『豚の骨』
作・演出 泊篤志


飛ぶ劇場左をクリック



今回は13日のみの日替わり出演ですが、おヒマな方遊びにどうですか?


チケット残り少ないようでーす。



あと、シアタービューの記事書きました。


そちらもどうぞ〜

17BB5984-4FEF-49DF-86EF-81ABA63DE17D.jpg8582B834-CE24-410D-BF9E-93929245FBFD.jpg9CD069ED-4313-40C4-BF47-E60FEE806E18.jpg





posted by arikadon at 21:20| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする